ミッテラン元フランス大統領のお抱え占星術師
2020年5月30日 | クレアの星占い&タロット

こんにちは♪クレアです♪

先日、フランス人の友人と近況報告とご時世(新型コロナ)について話していました。
「今年2020年は西洋占星術的には数千年ぶりのすごい星の配置なんだよ~」
ちょうど、youtubeでフランス人占星術師の動画(英語と仏語)を見せながら説明。
「フレンチアクセントだね~」
フランスでとっても有名なアストロロジャー、エリザベス・テシエさんの話しとなり
彼女は元モデル、女優、フランス、ドイツのTV番組で占星術を紹介。
何より驚いたのは元フランス大統領ミッテランさんも彼女のクライアントだったということ。
個人的なことから政治まで及んでいたようです。

早速、ググってみました。
https://g.co/kgs/DgriHE(原文のまま)

 

一国の大統領ともなると、一般人とは比べようのない重圧。

古今東西、占いは政(まつりごと)のひとつ。
古代中国では兵馬俑に亀甲占いで豊作や諸々の事を占った跡が残っています。
兵馬俑の北側に位置していて、九星気学では北は神聖な場所。
実際に見たら・・・何かありそうな雰囲気でしたよ~。

記憶に新しいところでは、昨年の11月の皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」で
神々に供える米を作る「斎田(さいでん)」の選定場所を決める方法。
それは、【亀卜(きぼく)】(亀の甲羅を焼く)占い。
TVのコメンテーターが驚いていましたが・・・わたし的には「有り」だなと思いました。
そもそも、祈りは天皇のお勤め(政)なわけですから。

どんどん、話しが広がっていきそうなので今日はこの辺で失礼!
明日、日曜日の朝に12星座別「今週の運勢」6月1日(月)~7日(日)を公開します。
どうぞお楽しみに~♪